初心者が株式投資1年間で100万円を稼ぐための方法

スポンサーリンク

こんにちわ。

今回は、初心者が株式投資を1年間おこなって100万円を稼ぐための方法について

書いていきたいと思います。

はじめに

ここでいう1年間で100万円を稼ぐの定義は

株式投資のみで利益となる100万円以上を利確し、

その時点で所有している株式の損益を合算したものです。

そのため、投資信託1年間で100万円以上所有していたとしても達成とはなりません。

最低でも個別銘柄で100万円以上を利益確定しなければいけないということです。

株式投資で100万円を稼ぐことの価値

まず100万円というお金に関してどのように考えているだろうか?

年収100万円であれば平均で8万3000円/月を稼ぎ出しているということになる。

日本で契約社員及び正社員で雇用されている人は年収100万円という数字はかなり低く感じると思う。

週5勤務で毎月20万円ボーナスなしの方で年収240万であるので前述した年収100万円という金額は

物足りない感じだ。

ここでいう株式投資で100万円を稼ぐことというのは

「副業」でという意味合いである。

「副業」ということであれば現在契約社員及び正社員で働いている人の

現在の年収+100万円という結果になるのでだいぶモチベーションが上がってくる

話になってきたと思う。

私も現在病院薬剤師として働きながら株式投資をおこなっていおり、

1年間で100万円を稼いだ実績があるので良いアドバイスが出来るとので

是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1年間で100万円を稼ぐためのハードル

まず、1年間で100万円を稼ぐためのハードルとはどれくらいのものなのか。

1年間で100万円を稼ぐためには平均して毎月83000円を稼ぐ必要がある。

具体的に83000円を稼ぐためにはどのようにしなければならないのか?

個別株を具体例として挙げると

100株100万円の個別株を購入

→1%の含み益

→含み益は1万円になる

(詳細にいうと税金が引かれるので7968円の利益)

それを1ヶ月間に9回繰り返せば含み益は9万円になる(税金で引かれると71712円の利益)

但し、この場合9回勝ち続けなければならない。

年間で表すと108回勝ち続けなければならない。

1度も負けずに108回勝ち続ければ108万円を手にすることができる。

(税金で引かれると860544円)

逆に、1回でも負けると-1万円であることを忘れてはならない。

株式投資で1年間で100万円を稼ぐためのルール

ルールその1

運用資金を可能な限り増やすこと

理由としては、前述した通りに100万円の資金があるならば

1%の含み益で1万円である。

それならば1000万円の資金があればどうなるだろうか?

1000万円の1%の含み益は10万円である。(税金で引かれると79685円)

そのため年間12回勝てば100万円稼げることになる。

このアドバンテージは思っているより大きい。

但し、1%の含み損になれば−10万円になるということは忘れてはいけない。

ルールその2

株を購入するときは資金、精神的に余裕のある範囲内

運用資金を可能な限り増やすことはルールその1で話をしたが

ルールその2ではそのリスク管理について話していく。

運用資金を増やして株を購入していくと含み益は大きくなるが

その分含み損も大きくなっていく。

言うならば、-100万円も大いにあり得るということ。

また、精神的に余裕のある資金内でなければ

個別株の含み損が大きくなっていくにつれ損切りをしたくなってくる。

塩漬けになってしまうが持ち続ければ配当金+含み益になる可能性があってもだ。

そのような、自身が不利益になる状況になってしまう判断は好ましくない。

そのため、精神的に余裕がある資金内で株式運用していくことが長期的にみても

負けない方法である。

ルールその3

損切りをしない

SNS上等で損切りは何%でするとか多く話されているが

正直言って今まで3年弱(2023年7月30日現在)株式投資をしてきて

損切りをしたことがない。

その3年弱の間には多くの取引をしてきた。

その間には塩漬け株になった銘柄も多数あったが結局のところ3年弱の期間で

ほとんどの銘柄は買値価格よりプラスとなって売却をしている。

ここで言いたいことは、購入銘柄は短期、中期、長期になったとしても

3年弱という期間所有し続ければほとんどはプラスになるということ。

多くの株式投資をおこなっている人は損切りを経験していると思うが

その理由づけとして保有し続けるとマイナスが膨らむ、他の銘柄の利益チャンスを逃す等の

言い訳があるが結局のところ精神的に安定させたいと思ってるのが本当のところであると思う。

基本的に株式投資は受け身の立場であって、勝てる銘柄を自分自身で買っていけば

負けることはない。

負ける要素はその他のところに隠されている。

ルールその4

購入する根拠を明確化する

この銘柄を購入しようとしている理由は何か?

そして現在保有している銘柄はなぜ購入したのか?

上記2つの理由が明確に述べられなければ負ける可能性が高い。

銘柄を購入する理由として他人任せであるのなら今すぐに株式投資を辞めることを

オススメする。

理由としては、負ける可能性が非常に高く、負けて得られるものが皆無だからだ。

強いていうなら、他人任せの投資をしてはいけない授業料くらいのものである。

基本的に株式投資は、自分自身で株価をチェックしてその銘柄を購入するのかを

判断する。

購入する側は基本受け身なのである。

勝てる見込みがあり、購入するタイミングを判断して

手に入れる。

この勝てる見込みを明確化する必要がある。

スポンサーリンク

まとめ

初心者が株式投資を1年間おこなって100万円を稼ぐための方法について

大切なことは以下の4点になります。

  • 運用資金を可能な限り増やすこと
  • 株を購入するときは資金、精神的に余裕のある範囲内で
  • 損切りをしない
  • 購入する根拠を明確化する

この4点を守ることで株式投資で1年間に100万円を稼ぐ助け舟になったと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です